こんにちわ、ひまりです。

立秋を過ぎてから、夕方が過ごしやすくなりましたね。

猛暑はもう少し続きそうですが、早く秋を感じたいと切実に思いますね。



さて今日は新月です。

新月は、「リセット」「再生」「デトックス」「排出」を意識するのに、

最適な時期と言われています。


そんな新月を意識した今日の夕食は、キャベツや緑豆、トウモロコシを

使ったデトックススープにしました。

とっても簡単な炊飯器調理です。
キャベツと緑豆



薬膳的には、キャベツは気力も補い胃腸を健やかにする
一年を通して取りたい食材です。

それに、天然の抗生物質と言われる緑豆は、気も補いますが、

身体の熱を冷まして、解毒やむくみを取ってくれるなど

夏のスーパー食材です。(*^-^*)

熱中症の予防にもよいんですよ。


便秘や浮腫みとりによいトウモロコシや、鶏肉、しめじを入れて

ついでに、女性に必須の血を補ってくれるクコの実となつめも

プラスして、 炊飯器で調理しました。



DSC_0171

(画像があまり美味しそうに見えませんね。(-_-;))


適当に作ったのでレシピというほどでもないのですが、

炊飯器は5号炊きを使用しています。

2~3人分
(材料)   キャベツ 半分
        鶏肉   100g
       しめじ  1パック 
        緑豆   大さじ2
       なつめ  2個
       クコの実 20粒
       トウモロコシ 適量
       水     500㏄
(作り方)
      1、キャベツは大きめに切り、鶏肉は一口大に切り、しめじは
        ほぐしておく。
      2、緑豆は、水で15分ほど戻し、一度さっと茹でこぼす。
      3、炊飯器に、キャベツ、鶏肉、しめじ、緑豆、なつめ、クコの実を
        入れ、水を注いで、炊飯器の調理モードで50分ほど炊く。
      4、トウモロコシは別に湯がいて、後から入れる。
      4、味付けは、皿に盛ってから塩コショウなど、かけて頂く。

このスープは、うちのワンコも食べるので、味付けはしていませんが、
後から、トマトジュースを入れたり、豆乳を入れたり、カレー風味にしたりと
万能に使えて便利です。

良かったら参考にしてくださいね。



出来上がりは、キャベツがトロトロ、鶏がほろほろで、なんだか

複雑な味に仕上がって、満足満足。


少しはデトックスできた気分になったのでした。